息子との経験

再生 12559回

朗読文

息子とSEXしました…

旦那は46歳
長距離のドライバーで、トレーラーを転がしてます。

私は29歳 専業主婦

長男カズト 12歳
春から中学生になります。


カズトと初めて結ばれたのは…
高熱を出して寝込んでいた、土曜日の夕方でした。

39°Cを越えた熱でうなされて、卑猥な夢を見ました。
誰かと貪る様なSEXをしていて、逝く寸前で眼が醒めると…

パジャマは脱がされ全裸…
おマンコの奥にカズトのおチンポが埋まり、私の上で腰を激しく振っています。

「あんた、なにしてんの?」
朦朧としながら声をかけると、一瞬腰の動きが止まりました。
「あっ、かあちゃん!」と言った瞬間、カズトの身体が震え…
子宮に熱いザーメンが注がれました。

夢と現実の区別がつかない侭、私はまた眠ってしまったのです。

リビングの時計が6時を知らせるチャイムが鳴り眼が覚めましたが、夢の続きを見ている様な快感が…

両足首を掴まれ恥ずかしい位に開かれた股間に、カズトが顔を埋めて必死に舐めていたんです。

「あっあぁ…」
激しい快感に思わず声を上げながら、カズトの頭を押さえ付けてしまいました。

それだけではカズトは満足しない…
べちゃべちゃに濡れたおマンコに、おチンポをズブズブ入れきます…

私より7~8センチ背も高く、少年相撲で鍛えた息子にのし掛かられたら、抗う事なんて出来ません。

止めさせなきゃ!
親子でSEXなんて!

そぉ思っても…
大人以上に大きく勃起したおチンポで突かれて…
襲ってくる快感に、思わず私からキスを求めてしまいました。

おチンポで激しく掻き回しながら、子宮を突き上げてきます。
おマンコから潮を吹き、快感に堪えられなくなった私は…
声を上げながら何度も逝って、気を失ったみたいです。

「かあちゃん」
息子に揺すられ眼が覚めました。
枕元に座るカズトも私も全裸で、汗びっしょりでした。

支えて貰いやっと立ち上がった私の身体を、カズトが濡れタオルで拭いてくれます。
おマンコからは…大量のザーメンが太腿を伝ってました。

「いっぱい出したの?」
そぉ聞くと「3回かな…」
恥ずかしそうに答えました。

激しく抱かれたせいか?
すっかり熱も下がったので、2人でシャワーを浴びました。

おチンポを洗ってあげると、ムクムク勃起してきました。
「またしたい?」無言で頷くカズト…

部屋に戻ってからと思っていたのに、黙って私の背後(うしろ)から覆い被さってきます。

浴槽に掴まりお尻を突き出し、息子のおチンポを迎い入れます…
またザーメンを子宮に浴びました。

私は熱で魘されたその日に、息子と中出しSEXを4回もしたのです。

カズトに話を聞いてみると半年位前に、旦那としている姿を覗き見てから、SEXしたくて堪らなくなっていた様です。

旦那の真似や隠してあったAVを見て、SEXの方法やテクニックを覚えたみたい。

カズトのおチンポは18センチ位あり、私が経験した中で1番の大きさです。
それに凄く硬くて…何度も射精してくれる最高のおチンポです。

あれから2週間経ちました…
旦那が帰宅してた3日間以外、毎日数度SEXしています。
回数にしたら40~50回かな…

女の子を欲しがっている旦那とも、毎回生でSEXしているし…
それもあるからカズトに中出しして貰えるの。
やっぱり淫乱な私から産まれた息子…
相性もピッタリなので、高校で彼女が出来るまでSEXしようと思ってます♪

もう直ぐ部活が終わる時間。
また親子でSEXすると想うだけで…
いっぱい濡れてしまいます。

この朗読は近親相姦 禁断の世界に投稿された体験談です。

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く



朗読詳細

息子との経験
カテゴリ
タグ
性別
公開日 2016年04月16日 18:00
掲示板 近親相姦 禁断の世界