二人に・・・前から・・・

再生 10211回
人気朗読ボイス
掲示板 人気投稿

朗読文

電車内に押し込まれるように乗車した。奥のドアまで押しやられる。
男性二人に半身ずつ重なるようにして、私は車内に落ち着いた。
ほどなくして私のアソコを包むように手が覆い被さった。どちらの手かわからない。
荷物を抱えていた私は抵抗するにも手を下ろせないでいた。
ただ恥ずかしさに俯くしかなかった。
ゆっくり円を書くように手が動く。その動きにあわせてスカートも捲くれあがっていく。
いやだ・・・やめて、やめて!そう頭の中で繰り返した。
素足に車内の生暖かい風があたる。私の足の間に男性が膝を割り込ませてきた。
閉じようにも電車の揺れを利用しての行為だ。抵抗なんてないに等しかった。
太ももに手が這わされる。寒気がするほどいやだった。
手が下着に到達した。腰をひくように逃れようにも下着をひっぱるようにして逃さない。
その時もうひとつの手が私の股の間に入ってきた。
下着の上からアソコのラインをいったりきたりと往復する。
時々突起を引っ掻くように刺激する。
下着が湿ってきた感じが私にもわかった。信じたくなかった。
痴漢をされて感じている。すごくショックだった。
左右少しずつ下着を下ろそうとしてきた。
私が抵抗してもぞもぞと動くとアソコに指が這わされる。
下着がちょっと下でくるくると丸まっている。アソコに直に指が届いてしまった。
指はアソコを押し開くように動く。
濡れているのを確かめるように私にわからせるように動いた。
そのたびに、くちゅ・・・にちゃ・・・と音が響く気がした。
どちらの指かわからない。アソコににゅるっと入ってきた。
声がでそうでさらに下を向いて耐えた。
指は遠慮なしに私の中を動き回った。
左右に広げるようにしてみたり、一ヶ所を重点的にこすってみたり・・・
ピストン運動というよりもかき回されていると言う感じだった。
もうひとつの指はクリを捕らえていた。
ぬめりを付け捏ねるように触り始めた。
指が動くたびにジンジンとした疼きが下半身に広がってゆく。
腰が触ってほしいと動いてしまう。
頭ではイヤだとやめてほしいと思っていても、体はゆらゆらと刺激に反応した。
クリへの刺激と中の刺激がぴったり合う瞬間がある。その時は体中に快感が走る。
思わず仰け反ってしまいそうになる。
快感にどんどん逆らえなくなった。膝がぶるぶると震え出した。
指の動きひとつに腰がはねる。ビクッと震える感覚が短くなってきた。
絶頂を意識するともう体の反応に抵抗することなどできなくなってしまった。
意識はアソコだけ、指の動きだけに集中される。
気が付けば触られやすいように腰を前に突き出していた。
どんどん指の動きが速くなる。頭にかすみがかってすべてが白く光ったように感じだ。
体中から力が抜けてゆく。まわりに人がいなければ崩れ落ちていたと思う。
それほどの快感だった。
駅に着く前に絶頂に達していた。でも指は動かされていた。
いったことは二人にもわかっていただろう。それでもゆっくり動いていた。

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く



朗読詳細

二人に・・・前から・・・
カテゴリ
タグ
性別
公開日 2017年03月22日 11:00
掲示板 この掲示板は終了いたしました。