喪服の男の人に

声:
再生 755回
人気朗読ボイス
掲示板 人気投稿

朗読文

これは、私が小6の頃の話です。

当時から発育もよく、ませていた私は父親の隠していたエロ本を読んでオナニーを覚えました。
そんな私がSEXの意味もわからないままに処女を失ったのは、放課後の教室。
胸を指で弄りながら、憧れの先生が使っている極太のマジックで一心不乱におまんこをズボズボと掻き回して…
それ以来オナニーのとりこになってしまった私は、授業中や下校途中にもクリをいじったりしていました。
ただ、そうすると気持ちがいいというだけで、SEXのことはまるで知らなかったんです。

そんな私がSEXを知ったのはある土曜日の下校途中のこと。
私の住んでいた地域は真昼間でも人一人通らないなんてこともざらでした。
その男の人に声をかけられたのは、自宅まであと10数メートル。その角 を曲がると自宅が 見えるという位置でした。
もっともうちは当時共働きで家には誰もおらず 助けを求めることも出来なかったのですが…。
その男は真っ黒な喪服を着て車に乗っており、私の横に車を止めると窓を開けて、火葬場への道を聞いてきました。
私の自宅から車で10分ほどのところに火葬場があったのです。
当時私は実際に行ったことはないものの 、火葬場への道順を示す看板を見た事があったので何となくの場所は知っていました。
でもまだ所詮小学生の子供、詳しい説明などできるはずもなく「あっちのほう」とただ指で指し示す事しか出来ませんでした。
男は「ここからどれくらい?」などとさらに説明を求めてきましたが、実際には行った事が無かった私に分かるはずもなく、困惑していると突然男が私の胸を鷲掴みにしてきました。
小6とはいえ発育の良かった私はブラジャーが必要なくらいの胸の膨らみがありました。
しかし同級生でブラをしている人はまだ誰も居なくて恥ずかしかったので、私もまだブラをしていませんでした。
男は更に服の下から手を入れて私の胸を直に揉み、鼻息荒く「いい胸だね ~」などといってきます。
オナニー経験は多いもののSEX…特に男の人のことは何も知らない私はパニックになってしまいました。
抵抗しない私に男は、「車に乗って案内してくれ」と言ってきました。
子供だった私に案内などできるわけもなかったのですが、混乱していたこともあって私は誘われるがままに車に乗ってしまったのです。

男は私の案内など全く聞かず、何処かへと車を走らせました。

自宅のすぐ近くにはちょっとした山があります。
ここには近所の人が犬の散歩をしたりする公園がありますが、その奥は墓地になっており普段人はほとんど立ち入りません。

男は人通りの少ない山の陰に車を止めると私の服を脱がせました。
私は全裸にされても何をされるのか全く検討がつかず、ただ恐怖に怯えていました。
男はよほど私の胸がお気に召したらしく執拗に揉んできます。
でもまだしこりの残る胸は強く揉まれると痛いだけでちっとも気持ちよくなんてありません。
男はそれを理解したのか、今度は徐ろにクリトリスをいじってきました。
オナニーですっかり開発されていたそこは少し の愛撫だけでも簡単に蜜を溢れさせてきます。
「エッチな子だね」
男はそういうとシートを倒して私に覆いかぶさり、私のオマンコを嘗め回してきました。
初めて感じる自分以外の指、そして舌は衝撃的で、ビリビリと電気が走るような快感に、オナ ニーの時には声を噛み殺していた私でしたが、気持ちいいと自然と声が我慢出来ない程漏れて来てしまうのだということを始めて知りました。
その気持ちよさはオナニーの比なんかではなく、何度かイッてしまったと思います。
あまりの気持ちよさに呆然としている私に男は再び覆い被さり大きくなったモノを私のオマンコに宛てがい、よく分からないまま動けずにいる私の体を一気に貫いてきました。
男のモノはもちろん極太マジックなんかよりもさらに極太でしたが、痛みはありませんでした。
ただ圧迫感が酷くて痛いというよりも苦しくて、何かがこみ上げてくるような感覚でした。
男が腰を動かす度に内臓が口から飛び出てしまいそうで私はぐっと必死に耐えていました。
何分たったのか・・・そのうち男は私の上に跨ったまま「うっ」っと呻くと熱いものを私の中に 注ぎ込みました。
しかし中のモノは全く衰えず大きなままで、男は一度それを引き抜き私をうつ伏せにすると再び今度は後ろから勢い良く挿入してきました。
そして今度は私の胸やクリをいじりながらガツガツと腰を動かすのです。
私は堪らず声を上げました。
その声に興奮をしたのか男の動きはますます早くなっていき、一度強く男の腰が押し付けられたと思ったら頭が真っ白になって絶頂に達した私の中に再び熱いものが注ぎ込まれました。


その後フェラを強要され、幾度となくザーメンを注ぎ込まれ、男が満足して開放されたのはすでに空が薄暗くなった頃でした。
パンツは盗られていたものの、スカートとTシャツは返してもらったのでそれを着て山を降りました。
男に激しく突かれた腰はがくがくして歩きにくいし、内腿を男の放った白いドロリとした物が伝っていきます。
それでもよく遊んだ場所ですから、家まで辿り着くのは訳のないことでした。
当時既に初潮はきていたものの、幸い妊娠せずにすみました。
が、父親とお風呂に入る際、股間の立派なものにどうしても目がいってしまい、父親とお風呂に入ることが出来なくなりました。
父はとても寂しがっていましたが、もしも理由を知ってしまったら・・・

その後も私は何度かレイプされましたが、今はもう結婚3年目、残念ながら子供にはまだ恵まれていませんが今の内に、と夫と2人だけの生活を満喫しています。

夫は私が昔レイプされたことは知りません。

幸せな毎日。
でも、オナニーではイケるのに夫に優しく抱かれると何故かイけない・・・ 私はいつも必死にイッたフリをしています。

あの無理矢理犯される快感が、何処か忘れられないのです。

また誰かレイプしてくれないか、と宅配便やセールスマンが家に来る度、私はノーブラノーパンで応対に出ています。

この朗読はレイプ 犯された私に投稿された体験談です。

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く



朗読詳細

喪服の男の人に
カテゴリ
タグ
性別
公開日 2016年12月03日 18:00
掲示板 レイプ 犯された私